whozaa.com

whozaa.com

MENU

携帯を手放さないのは、浮気の兆候?

携帯を手放さないのは、浮気の兆候とよく言われますが、
これはまんざらでもありません。

 

浮気をするようになると、浮気相手と親密に連絡をとるようになるので、
携帯は必須のツールになります。

 

いつも携帯を手放さなくなり、
近所のコンビニに行く時にも携帯を持っていくようになった時は、
浮気の兆候ととらえていいでしょう。

 

一人になるとやたら携帯電話の操作をしていたり、
携帯電話の操作やメールを打つのがやたら早くなった時は、
浮気をしている可能性大です。

 

これまでは、いつもその辺に携帯電話を転がしていたのに、
浮気をするようになると、携帯を隠そうとします。

 

携帯を手放さないのは、まさしく浮気の兆候であり、
携帯電話に着信やメールがあってもすぐに見なかったり、
今までは、呼び出し音が鳴っても面倒くさがっていたのに、
すぐに反応するようになったような場合、
ほぼ浮気は確定と言っていいかもしれません。

 

携帯をいつも手放さず、携帯を見た直後に短い時間の外出をよくしたり、
電話がかかってきた時、忙しくないのに、後で折り返し電話する、
などとすぐに電話を切る場合は、要注意です。

 

GPSで浮気調査・・・ラブホテルにいた記録は、浮気の証拠になる?

 

最近ではGPSで浮気調査をする人が増えています。
簡単に浮気調査できるからです。

 

しかし、GPSで浮気調査した、ラブホテルにいた記録は
浮気の証拠にならないので注意が必要です。

 

浮気調査するために、GPSを使った調査は便利なのですが、
GPSの記録は離婚裁判になった場合、ほとんど役に立ちません。

 

GPSを使った調査での証拠は、慰謝料を取れない可能性が高いです。

 

GPSの調査でラブホにいた記録があったとしても、
浮気相手の女性と一緒にいた証拠にはならないからです。

 

そうした曖昧な証拠では、離婚裁判の際、
浮気相手の不貞行為を立証することはできません。

 

GPSの記録では、立証する証拠としては弱すぎるのです。

 

GPSの記録というのは、場所しか特定できないので、
ラブホテルにいた記録があっても、浮気相手と一緒にいた証明をすることはできません。

 

誰といたかという一番重要な証明ができないので、本人が浮気の事実を認めない限り、
調停離婚や離婚裁判時に浮気を認めさせることはできません。

 

そうなると、慰謝料が支払われない可能性が高くなります。

 

浮気の証拠となるのは、GPSの記録では不十分で、
浮気相手とラブホテルに入る写真や動画などの決定的な証拠が必要になります。

 

面皰治療情報サイト:uゾーン ニキビ